コラム

『演劇夜話』第七夜 2020.07.13

第七夜「京都と演劇」(2020.07.13)

中村 タイトルだけを読むと、いささか唐突なようだけれど、日本の演劇の「原点」の一つでもある場所だからね。僕は一度、話してみたいテーマだった。

佐藤 僕も、撮影で太秦(うずまさ)の撮影所へ出掛けることはありますが、映像の仕事ですし、京都で「演劇」を意識したことはなかったですね。何と言っても「観光地」のイメージが強いし。具体的には、どんな関係性ですか?

中村 まずは京都の繁華街「四条河原町(しじょうかわらまち)」、南座という劇場のある場所が「出雲の阿国(いずものおくに)の歌舞伎発祥の地」とされている事だね。また、ここにある「南座」は京都では唯一の歌舞伎の常設劇場だし。今はここしかないけれど、江戸時代には江戸の「江戸三座」のように、公の許しを得た劇場が軒を並べていた、「文化の発信地」でもあったしね。

 それに、有名な観光地だけではなく、京都の各地が芝居の舞台のモデルになっている。歌舞伎が一番多いのは歴史的な長さがあるからだけど、君の好きな新国劇の『月形半平太(つきがたはんぺいた)』にも「祇園(ぎおん)」の場面が出てくるよね。

続きを読む

お知らせ

2020.07.13『演劇夜話』第七夜をアップしました!

コラム

『演劇夜話』第六夜 2020.07.06

第六夜【「小劇場演劇」について語ろう】

中村 今日のテーマは「小劇場演劇」。ふだんの僕の批評を読んでくださっている方々には違和感があるかもしれないけれど、実は小劇場演劇は嫌いではないんだ。でも、なぜか「嫌っている」と思われているので、誤解を解く意味も込めてね(笑)。ところで、「小劇場演劇」って何だろう?

佐藤 そうなんですか! 僕も、先生は小劇場は嫌いだと思っていました。

中村 すでにここでそう思われている。まぁ、それはいいけれど、そもそもどういう分類なんだろうね?

続きを読む